参列者も楽しませるために!結婚式動画の種類

結婚式の動画で2人の生い立ちや馴れ初めを紹介しよう!

感動する動画を作ろう

結婚式を行う際には、様々な準備が必要です。参列者も楽しませることができるように、感動するムービーを作りましょう。そのためには、動画の種類や方法を確認しましょう。

動画作成前に決めて置くこと

  • 作成方法
  • 内容(動画の流れ)
  • 写真・動画
  • BGM

参列者も楽しませるために!結婚式動画の種類

披露宴会場

プロフィールムービー

プロフィールムービーは、新郎新婦の生い立ち・2人の馴れ初めを紹介した動画のことをいいます。それぞれが、生まれてから、出会うまでの写真を紹介した後に、2人が出会ってからの写真を紹介するという流れが多く、5分程度の動画が最適です。プロフィールムービーは、お色直しの際に良く利用されます。

オープニング・エンディングムービー

オープニングムービーは、新郎新婦が登場した際に使われるもので、参列者への挨拶的な役割をするので1分程が最適です。内容は、結婚式準備の様子を利用する人が多いです。また、新郎新婦が退場する際にもエンディングムービーを利用します。その際には、結婚式の様子や参列者の名前やメッセージを流すことが多く、4分程の動画が最適です。その他にも、様々種類のムービーがあるのでチェックしましょう。

結婚式の動画を作る方法

映像制作会社に依頼する

インターネットや雑誌などに掲載されている、広告を探して、自ら映像制作会社に依頼する方法があります。業者と予算や期間、内容などを相談して制作します。大体2ヶ月前から準備が必要です。

自作をする

最近は、思い出に残るものなので、自分たちで作る新郎新婦も多くいます。費用を掛けずに作成することができるので、おすすめです。少し手間が掛かってしまうので、3ヶ月前など早めに作成することをおすすめします。

式場に依頼をする

式場に動画作成を依頼することによって、新郎新婦の負担を減らすことができます。費用もそれほどかからず、映像のクオリティも高いので、安心して任せることができます。

広告募集中